ケニー・バレル:バンガードナイツ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
ケニー・バレル ブログトップ

ケニー・バレルを聴くならどの時代がいい? [ケニー・バレル]

近年のケニーの作品よりも、若かりし日の1950年代のケニーの作品のほうがいい感じです。
50年代なら、演奏する曲もスタンダードですし、エネルギッシュな若い音で、あるいみ安心できます。
円熟の音よりも、弾けるような演奏のギターが良いという意味ですが。



Kenny Burrell


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ケニー・バレルのAll day long [ケニー・バレル]

ケニー・バレルといえば、ウェスモンゴメリーに強く影響を受けた都会はジャズ・ギターが特徴の人ですよね。そのケニーの名演がこのオールデイロングでしょう。
ALL DAY LONGではトミー・フラナガン、ドナルド・バード、フランク・フォスター、アート・テイラー ダグ・ワトキンス
ALL NIGHT LONGではハンク・モブレー、ドナルド・バード、マル・ウォルドロンなどの名演も聴くことが出来て嬉しい限りという珍しい構成のアルバムで、本来二枚組のものですが、シングルのアルバムもあってなかなか入手できない名盤でもあります。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

都会派ジャズブルースの雄と言えばケニー・バレル [ケニー・バレル]

ケニー・バレルのジャズのスタート地点が、1951年のディジー・ガレスピー楽団ですから、ジャズの創世記真っ盛りな時代に学んだ人でもあります。途中、天才ギタリストのウエス・モンゴメリなどにも絵供されたのか、同様の雰囲気というか、都会派のブルースという特徴を持っていますね。同じようにブルースに根ざした演奏をするトミー・フラナガンとは盟友で、何度も共演を果たしています。




イントロデューシング・ケニー・バレル

イントロデューシング・ケニー・バレル




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ジャズブルースのギターといえば、ケニー・バレルをまずは聴くべきですよね。 [ケニー・バレル]

大学音楽を専攻した秀才ミュージシャンですね。1951年に、ディジー(ディジー・ガレスピー)に見出され楽団に入りました。同時期のブルーノートレーベルへのデビューリーダーアルバムの作成と順風でした。ブルースジャズを好むスタイルを確立して今に至っています。とても聴きやすいジャズで評価はいまいちでしたが、多くのファンを獲得したスーパープレイヤーです。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ケニー・バレル ブログトップ