カーティス・フラー:バンガードナイツ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
カーティス・フラー ブログトップ

フラーのためにあるような曲=Five Spot After Dark [カーティス・フラー]

カーティス・フラーの名盤といえば、そうです。BLUES ette ですね。このアナログ盤のジャケットはとくに有名で。ジャズに入門した人も必ず目に止める一枚ですね。
このアルバムの曲、Five Spot After Dark は、まさにカーティス・フラーのために書かれたような曲ですね。他の楽器では表現が難しく、まさにトローンボーンがメインパーソナルで正解でしょう。^^;


ブルースエット

ブルースエット




ホルン(フレンチホーン)を採用するという珍しい試み [カーティス・フラー]

カーティス・フラーといえば、言わずとしれたトロンボーンの天才。ハンプトン・ホーズは、日本のジャズプレイヤーの多くと交流したピアニストとして有名ですが、この二人がフレンチ・ホーン=ホルンを演奏に採用するという珍しい試みをした作品ですね。通常ホルンはクラシック楽器と思われていますが、その壁を破ったことでも知られています。


Curtis Fuller and Hampton Hawes with French Horns


Curtis Fuller Quintet - Love Your Spell Is Everywhere [カーティス・フラー]

カーティス・フラーの名盤中の名盤

カーティス・フラーをはじめて聞いた人はこの曲から入ると、
ジャズの良さを知って、虜になるとも言われている名曲でもあります。
とても聴きやすく、安心して聞くことができますね。




ブルースエット

ブルースエット





モダンジャズになくてはならぬ人、トロンボーンの天才 [カーティス・フラー]

アメリカはミシガン州で生をうけたカーティス・フラーは幼少のときに両親と死に別れ孤児として育ったそうです。
その後苦労してジャズを覚え、軍隊を経由してジャズメンの仲間入りを果たしました。絶頂期のカーティスはジャズ界の巨星たちと共演を次々果たしており、やはり天才の一人だったと思います。
以下の映像は、彼の名盤の一つです。




カーティス・フラー Vol.3

カーティス・フラー Vol.3

  • アーティスト: カーティス・フラー,アート・ファーマー,ソニー・クラーク,ジョージ・タッカー,ルイス・ヘイズ
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2008/10/22
  • メディア: CD



カーティス・フラー ブログトップ