デイブ・ブルーベック:バンガードナイツ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
デイブ・ブルーベック ブログトップ

Anything Goes デイブブルーベック [デイブ・ブルーベック]

デイブ・ブルーベックといえば、ジャズファンならずとも一度は聴いているのが、そうです。
「TakeFive」ですね。日本では、あのJpopsのアルフィーも初期に演奏していました。^^;まあそれくらい有名な曲なので、それ以外の楽曲が、日本でも、アメリカでも目立たなかった人でした。しかしながら、クラシックピアノ出身のたしかなテクニックで盟友ポール・デスモンドと名盤を多く残しています。91歳まで活躍したピアノの鉄人でした。
このアルバム、いつものデイブ節という感じより、よりジャズ色がでている珍しい作品です。



エニシング・ゴーズ

エニシング・ゴーズ




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

デュエットというアルバムは名盤 [デイブ・ブルーベック]

デイブ・ブルーベックとポール・デスモンドといえば、ボサノバ? というくらいおなじみで、ある意味黄金率ですが、このアルバムはちがいます。
独特の雰囲気はそのままですが、ピアノとアルトサックスの共演、いわばデュエットをめざした野心作です。結果的に名盤になっています。






タグ:デュエット
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ジャケ買いしそうな一枚 デイブ・ブルーベック [デイブ・ブルーベック]

おそらく、このアルバムは、ジャケ買いした人も多いのではないでしょうか? どことなく珍しいジャケットですよね?
 
でももちろん演奏もデイブ・ブルーベックらしさが溢れている作品です。

実はこれ、1958年にコペンハーゲンで録音された幻の作品で、ヨーロッパから輸入するしか無い名盤なんですよね。で、ジャケットもCD化されたものの幾つか種類があるような気がしています。
もちろん日本版はありません。
 
曲は、TANGERINE



IN EUROPE

IN EUROPE




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ジャズファンならずとも聴いたことがあるでしょう。テイクファイブ [デイブ・ブルーベック]

ご存知テイクファイブは、20世紀最も聴かれた名曲というのは言いすぎでしょうか。
デイブ・ブルーベックを有名にした一曲です。サックスは名コンビのポール・デスモンド。この曲が含まれるなんとも不思議なアルバムタイトルはタイムアウト。






タイム・アウト

タイム・アウト




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

デイブといえばテイク5ですが、実は名盤を多く残した名ピアニストです。 [デイブ・ブルーベック]

デイブ・ブルーベックは、長きに渡って活躍した、白人の名ピアニストです。長年サックス奏者のポール・デスモントと組んでいたことでも有名ですね。

母親に仕込まれたクラシック仕込みのテクニックを駆使した、即興には定評がある人です。
奇しくも誕生日前日である2012年12月5日に、コネチカット州ノーウォークの病院で死去しました。91歳でした。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

誰しも一度は聞いている、デイブのテイクファイブ [デイブ・ブルーベック]

そうです、それくらい有名な曲で、名曲ですね。

作曲は、ポールデスモントですが、演奏的には、デイブ・ブルーベックの演奏で有名になりました。






Take Five デイブ・ブルーベック [デイブ・ブルーベック]

これはもうJAZZファンならずとも聞いた事のある曲でしょうね。デイブよりも、曲そのものが有名なのです。「枯葉」と同じでいろいろなジャンルアーティストが演奏する曲としても有名です。
Take Five




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
デイブ・ブルーベック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。