チェットベイカー:バンガードナイツ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
チェットベイカー ブログトップ

クールの極み チェット・ベイカー [チェットベイカー]

クールのチェット・ベイカーのセクシーな作品ですね。
 
人の声で言えば、抑え気味のちょっと枯れた感じなのが逆に情熱的であるのかもしれないという作品で、抑え気味に演奏しているのがクールですね。


Touch of Your Lips


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

再評価されているチェットの演奏 ^^; [チェットベイカー]

正直チェット・ベイカーは、ジャズの聴き初めの頃には、人気取りのトランペッターなのかなと思っていました。でもあれからン十年、聴く方にも年季が入ってきて、段々と解るようになった次第です。^^;

確かにマイルスのような天才のトランペッターは凄いし、足跡を残すようなカリスマです。でもチェット・ベイカーは、その才能のほとんどを、聴く人のことを考えてわかりやすく・馴染みやすく、そして安らぎ感動する演奏を追求したような気がします。今ではね。
そんなチェットのベスト盤がこれ。


Best of Chet Baker



タグ:チェット
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Lighthouse All Stars [チェットベイカー]

Lighthouse All Stars とは1953年頃のライトハウス(ライブハウス)でのセッションの録音ですね。ジャズ界のスタープレイヤーが出演しており、名演といわれる貴重な音源です。その音源を現代のレーベルでリマスタリングしたものがこれです。


このアルバムは日本のアマゾンには無いようですね。

At Last: Miles Davis and the Lighthouse All Stars


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

おや、チェットのボーカルまで入っているちょっとお得?なアルバム? [チェットベイカー]

そうです、チェット・ベイカーはトランペットだけじゃなくボーカルもあるんですよね。しかも結構上手いです。^^;
ラブ・フォー・セール、結構古めのスタンダードアルバムですが、好きな人にはたまらないいちまいですね。


このアルバムはなかなか入手が難しい一枚。ある意味名盤ですよね。

Love for Sale



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日はチェットのクールで行こうと思った時に聴く一枚 [チェットベイカー]

チェット・ベイカーの場合、後年のほうがクールと思っている人が多いのですが、クールを意識してアルバム作りをしたのは、意外にも若いころなんですね。その代表的なアルバムがこれです。
ただ、名盤というよりはチェットのクール曲を集めたベスト盤の位置づけになりますね。
2009年の作品




Cool Jazz

Cool Jazz




タグ:クール
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

クールの天才だな〜と思う作品。チェット・ベイカー [チェットベイカー]

チェット・ベイカーとスタン・ゲッツはクール・ジャズの代名詞的存在です。どの作品をきいても全盛期のものはクール・ジャズの最高な作品が多いのですが、この作品はその中でも、クールが好きな方なら聞いておいて損はない作品です。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

もっと評価されるべきはウエスト・コーストジャズのチェット・ベイカー [チェットベイカー]

1954年に彼が出した、マイ・ファニー・ヴァレンタイン:ベイカーの代表作に参加していた、アストラッドジルベルトが、チェット・ベイカーにインスパイアされ、ボサノヴァというジャンルを開いたのはあまりにも有名な事実ですね。ある意味チェット・ベイカーはボサノバの父とも言えるかもしれません。







白人のペットマンでは有名な奏者 [チェットベイカー]

ジャズの世界では、白人プレイヤーの方が少ないのが
実情ですが、名プレイヤーひしめくトランペッターの中で
唯一白人で成功しているのがチェット・ベイカーです。

初期の頃は低いジャズっぽい音でしたが、後にミュート
付けた甲高い音が特徴になりました。
いつか王子様がなど名演が多いです。ジャズのみならず
洋楽一般や、ムード音楽などでも活躍しました。







枯葉

枯葉

  • アーティスト: チェット・ベイカー
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2013/12/11
  • メディア: CD



名プレイヤーでヴォーカルも有名な白人トランぺッター [チェットベイカー]

この名曲中の名曲を珍しく歌ってヴォーカルの作品を残しています。 チェットベイカーです。




My Funny Valentine


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Together: The Complete Studio Recordings [チェットベイカー]

ちぇっとベイカーの登場です。ポールデスモントとはよく競演していますし、名盤も多いです。
枯葉は多くのプレイヤーが好んで演奏しますが、そのなかでも名演とおもえるのがこれです。

この他では、ジムホールとの競演のアランフェスなどもおすすめな名盤のひとつです。

Together: The Complete Studio Recordings




チェットベイカー ブログトップ